メーカー取引がうまくいかない人の共通点。

お世話になってます。
布施優雅です。

せどりからのステップアップ
として卸業者からの仕入れやメーカー
取引を実践するという方は

非常に多いのですが
せどりではしっかりと稼げていても
なかなか業者取引が、

うまく構築できない
という方から相談を受けます。

メーカー取引を実践する上で
長期的に業者側といい関係を築いて
付き合っていく上で

非常に大事なポイントがあります。

このポイントを押さえているのか
押さえていないのかで大きな差が出ます。

では、そのポイントとは一体
なんなのかについて解説していこうと
思います。

この記事をご覧頂いている
あなたは、

「お客様は神様だ」

という言葉を聞いたことが
一度くらいはあるかと思います。

よくドラマなんかで
クレーマーが企業に対して

「あんたの会社はお客様を神様だと思ってないのか」

なんてフレーズを吐いてたり
するのを見かけます。

要するに

「お金を払う側のお客様が一番偉いんだ」

という意味合で使われることが
多いのですがはっきりいってこの解釈は
間違ってます。

元々この言葉は、
歌手の三波春夫さんという方が
最初に発信して有名になった

言葉なのですが、
この言葉の解釈を勘違いした
一部の人が、

企業などにクレームを言う時の
決め台詞として使われることが多く
なっているのが現状です。

三波春夫さんも自身のブログで
間違った使い方をされているという
内容を語っています。

http://www.minamiharuo.jp/profile/index2.html

たまに飲食店なんかで
店員さんに横柄な態度を取っている
人を見かけたりしますが、

あれはこの言葉の解釈を
誤って解釈している典型的な
パターンだと思います。

自分がお金を払う側だから
という理由で偉そうな態度をとると
損することが多いです。

というのも10年ほど前の
話になりますが私が居酒屋で
働いていた時に

よく来店していた
お客さんがいたのですが、

その人は年齢は30代前半で
見た感じ職人風の男だったのですが、

お店に来る度に
店員さんに向かって

「早くビール持ってこいよ」

とか

「ビールがぬるいから入れ直してこい」

などと殿様のような
態度で店員さんに接していました。

挙げ句の果てには
バイトの若い女の子を
しつこく口説いたり、

セクハラをするという
ような厄介なお客さんでした。

私は厨房担当だったので
そのお客さんと直接的に関わった
ことはなかったのですが、

厨房から見てても
かなり厄介なお客さんの
テンプレートみたいな
人でした。

当然、その居酒屋の
スタッフからはかなり
嫌われていて、

「チンピラ」なんて
あだ名を付けられたり
してました。笑

毎回、来る度に
あまりにも態度が悪いので

さすがにスタッフ陣も
頭にきたのか、

ある日を境に逆襲が始まりました。

どんな逆襲が始まったのか
というと注文されたビールに
何人かの

唾を入れたりされてました。

(私はやってませんからね。笑)

本人は何も知らずに
唾入りのビールをおいしそうに
飲んでいましたが、

横柄な態度を取ったり
してるとこういう風に分からない
ところで逆襲されるのだと

考えさせられました。

さすがに唾を入れた
ビールを持っていくのもどうかと
思いますが、

日々の行いが悪いと
そういうことになるんだなと
痛感した出来事でした。

そのお客さんは最終的に
女性スタッフのお尻を触ったとかで
他のお客さんの前で、

女性スタッフにブチ切れられて
恥をかいてそれ以来来なくなりました。

要するに何が伝えたかったのか
というと自分がお金を払う側だからと
いってあまり偉そうにしていると

損しますよということです。

逆にすごく愛想のいい
お客さんなんかは、お店にくる度に
一品サービスしてもらったりと

得している人が
非常に多く誰に対しても
偉そうにせずに

謙虚でいた方がよっぽど
得をするなと思います。

この考え方は
BtoBの物販ビジネスに
おいても当てはまっていて

メーカーや卸業者に
自分がお金を出す側だからといって
偉そうにしていると

相手にされなくなります。

個人でメーカーなどと
取引している場合は個人でも
相手にしてくれる

メーカーに感謝を持って
接しないとあなたとは取引しませんで
終わってしまいます。

なので、メーカー側と
一緒にいい取引ができるように
共に成長していくという考え方で

商談をしていかないと
いつまでたってもいい取引は
できません。

なので今日の記事を
ご覧になって思い当たる節が
あるという方は、

要注意です。

せどりの場合は
店舗で黙々と一人でリサーチ
したり、

ネットで商品を仕入れる
場合が多いので人と関わる機会が
ないので、

あまり気にする必要は
ないかと思いますが効率よく
爆発的に稼ぐために

必須となるメーカーや
卸業者との取引は人対人なので
こういった人間性が重視されます。

自分がメーカー側の人間だったと
仮定してこの人には特別に掛け率を
下げてあげようかなと

思えるような立ち振る舞いで
接するといい関係が築けます。

業者としっかりと
関係を築いていい取引を
していきたいという方は

是非、参考にしてみてください。

 

Amacode公式EC研究所LINE@】

こちらのLINE@に登録すると
アマコードの基本的な使い方から
応用した効率に特化した

店舗仕入れノウハウが学べます。

さらに自動で利益商品を
抽出してくれるリサーチツールや

高利益商品を何度も
リピート仕入れをすることで
労力をほとんど使わずに効率的に

収益を上げるための
卸商品情報を公開させて
頂きますので登録の方よろしく

お願いします。

https://line.me/R/ti/p/%40rlb1597n

月商2189万円 布施優雅の公式メールマガジン


月商2189万円 布施優雅の公式メールマガジンです。
店舗仕入れや、電脳仕入れ、市場仕入れなど、国内物販に関する有益な情報を幅広く配信していきます。
メルマガ読者限定のプレゼントも定期的に配信していますので、是非登録してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)