AmacodeをMWS API連携する方法。

AmacodeをMWS APIと連携する方法を解説します。

MWS APIを設定すると読み込みスピードが早くなったり出品機能が利用でき、
アマコードからワンタップで出品できるようになります。

そもそもAPIとはなにかというとApplication Programming Interfaceの略で
簡単にいうと情報の集合体というイメージです。

そしてAmazonが提供しているAPIがMarketplace Web Serviceとなるので
AmazonのAPIはMWS APIと呼ばれています。

《MWS APIを設定する際の注意点》

MWS APIの設定をする際の注意点ですが、Amazonのセラーアカウントは
大口アカウントが必須になります。小口アカウントでは設定ができませんのでご注意ください。

《MWS API認証情報の取得方法》

まずはセラーセントラルにログインをしてください。
Amazonセラーセントラルログインはこちら。

画面右上にある「設定」をクリックして「ユーザー権限」をクリックしてください。

こちらの画面になったら「アプリ管理を表示」をクリックしてください。

「新しい開発者に権限を付与」をクリックします。

こちらの画面になったら開発者氏名と開発者IDを入力してください。

開発者指名⇒amacode
開発者 ID⇒9901-1641-1465

こちらを間違えずに入力して「次へ」をクリックします。

同意項目にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

こちらの画面になったら「出品者ID」「MWS認証トークン」をコピーして
メモ帳などに貼り付けてください。

ここまでの作業でMWS APIの情報の取得までは完了しました。

《アマコードにMWSを設定する》

Amacodeのアプリを開いて「設定」をタップする。

「設定」をタップしたら「アプリケーション設定」にある
「MWS API設定」をタップしてください。

「MWS API設定」をタップすると下記のような画像が表示されます。

こちらの画面が表示されたら「MWS APIの使用」オンにして先程の手順で取得した
「出品者ID」「MWS認証トークン」を入力してください。

※注意点として最初と最後に不要なスペースなどが入ってしまってる場合があるので
必ずご確認ください。スペースが入ってると「認証失敗」になってしまいます。

入力が完了したら必ず「保存」をタップしてください。
以上でMWS APIの設定は完了となります。

動画でも解説をしてますのでこちらからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)