Amacodeで利益計算をする方法。

Amacodeで利益計算をする方法を解説します。

アマコードでは販売手数料やFBAの手数料などを自動で計算することができるので
仕入れ判断が効率よくできる使用になってます。

まずAmacodeで商品をリサーチすると下記の画像のように
損益分岐点が表示されます。

左側に表示されている「カート価格」「新品最安値」の右側に表示されてるのが
Amazonで販売する際の手数料を差し引いた「損益分岐点」になります。

上記の画像だと3,420円と表示されてるのでこの金額より安く仕入れる
ことができれば利益が取れるというのが判断できます。

さらに詳細の利益額や利益率を把握したい場合は「仕入れ設定」をタップします。

「仕入れ設定」をタップすると下記のような画面が表示されます。

「出品価格」のところには「新品最安値」が自動的に反映されます。
「カートを優先」をオンにしておくとカート価格が自動的に入力されます。
もちろん、販売価格を変更することは可能です。

次に「仕入れ価格」を入力して「仕入れ数」を入力すると
1番上のところに青い文字で、

●粗利益(合計の利益額)
●利益(一個あたりの利益額)
●利益率

がそれぞれ表示されます。

この状態で右上にある「保存」をタップすると
これらのデータを保存することができます。

さらにこちらの画面をさらに下にスクロールをすると
手数料の細かい金額などが閲覧できます。

仕入額などを入力して保存をタップするとこのように利益額が表示されます。

●関連記事
仕入れ設定の設定をする方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)